毎日連載! 易経を中心に日本の心に関する情報を毎日アップしています。

易経(周易)を読み解く 九十(山雷頥 全体)

二七 山(さん)雷(らい)頤(い) ―‥‥艮山 ‥‥―震雷
互卦 二坤爲地  綜卦 同  錯卦 二八澤風大過
頤、貞吉。覿頤自求口實。
○頤(い)は、貞(てい)にして吉。頤(い)を覿(み)、自ら口(こう)實(じつ)を求む。
 頤は上下二陽(実)が中に四陰(虚)を含んでいる。上卦艮は止まり下卦震は動く頤(あご)の形をしている。頤は口から栄養を取り身体を養うので、自分の身心(栄養と人德)や民衆(仁德)を養う意味になる。自分の身心や民衆を養うには、正しい道(自分の身には栄養を、自分の心には人德を、民衆には仁德を養うこと)を固く守るが宜しい。今、自分は何を養うべきかをよく観察して、先ずは自らを養うために努力するのである。

彖曰、頤貞吉、養正則吉也。覿頤、覿其所養也。自求口實、覿其自養也。天地養萬物、聖人養賢以及萬民。顎之時大矣哉。
○彖に曰く、頤は、貞にして吉とは、養うこと正しければ則(すなわ)ち吉也。頤を覿るとは、其(そ)の養(やしな)う所を覿る也。自ら口實を求むとは、其の自ら養うを覿る也。天地は萬(ばん)物(ぶつ)を養い、聖人は賢を養い、以て萬民に及ぼす。顎の時、大(だい)なる哉(かな)。
 彖伝は次のように言っている。頤(い)の時は正しい道(自分の身には栄養を、自分の心には人德を、民衆には仁德を養うこと)を固く守れば宜しいとは、天下の萬(ばん)物(ぶつ)を養い育てることは、正しいことだからである。今、自分は何を養うべきかをよく観察するとは、自ら何を養うべきか(何が欠けているのか)を省(しよう)察(さつ)することである。先ずは自らを養うために努力するとは、人に求めることなく自発的に行なうと云うことである。
 一人ひとりが自らを養うために努力することは、天地が萬物を養い、聖人が賢人を養い、賢人が民衆を養うことと同義である。養い育てる頤の時は、何と偉大であろうか。

象曰、山下有雷頤。君子以愼言語、節飲食。
○象に曰く、山の下に雷(かみなり)有るは頤なり。君子以て言語を愼(つつし)み、飲食を節す。
 大象伝は次のように言っている。山(上卦艮)の下に雷(下卦震)が潜んでいるのが頤(い)の形。冬は山の下に潜んでいた雷が春には轟き渡り萬物を養育する。下卦震は動き上卦艮は止まるから、下顎が動き上顎が止まる口(上顎と下顎)の形をしている。
 君子はこの(上顎と下顎の)形に倣(なら)って、口から出る「言葉」は慎(つつし)み、口から入る「食べ物」は節制するように努力して、自分の心に人德(民衆に仁德)を養うのである。

【以下、高島易断から占いとしての見立てを引用】
(占)雷は動き山は止まる。そこには一定の法則がある。正しく養うことを失ってはならない。軽々しく言葉を口に出すと禍(わざわい)を招き、食べ過ぎると体に害を招く。よく慎んで節制すべきである。吉凶禍福は、行動から生ずる。目下の人に注意すべき時である。
○大きな事を言うが、実質が伴わない(何もできない)時である。
○お腹を減らした人が、アゴを下げて、食べ物や飲み物を乞(こ)い求める時である。
○頤(あご)の中に物が入ってない。空腹は、正しい道を履み行なうことで吉運が開ける。外から物を手に入れるよりも、自分を養ってくれる所を選ぶべきである。
○相手が自分を疑い、自分は相手を疑う。だから、お互い本心を表に出さずに、物事が調和しない時である。
○下卦三爻は生活のために働いて、自分を養っている。自分が動こうとすれば、相手が自分を止め、相手が動こうとすれば、自分が相手を止めて、お互いに意地を張り合って妨害する時。
○養う時。 ○起業する(業を産む)時。 ○二人が相争う時。
○飲み食いを節制し、発する言葉を慎んで、身を保つ時である。
○人々が共同して事を成し遂げようとすれば成就する。
○才能があり、性格は篤実である。
○物価が高騰するが、しばらくすると元に戻る。
○自分を養うのも、人を養うのも、正しいか、正しくないかによって、幸不幸が決まる。事の始めに、どうあるべきかを、よく考えるべし。
○禍(人災)は口から出る言葉から起こり、病気は口から入る飲食物から起こる。小さな舌が、大きな心身を損なう原因となる。
○動くべきか、止まるべきか、迷う時である。