毎日連載! 易経や易占いに関する情報を毎日アップしています。

コイン占い(易経・易占い)入門 抜粋版 天澤履

令和四年三月吉日、コイン占い(易経・易占い)入門(初心者からベテランまで対応)という電子書籍とペーパーバック(紙の書籍)をAmazonで出版した。
その内容を抜粋してHPで紹介していく。

詳しく読みたい方は、是非、Amazonでお求め頂きたい。
上記画像からAmazonにリンクする。

十 天(てん)澤(たく)履(り) ||| ・|| 虎の尾を踏む
 テン(十)パっている「天(てん)澤(たく)履(り)」 互卦 三七風火家人
※虎の尾を踏むような危険な時。気を引き締めるべし。自分を過大評価してはならない。
 虎の尾を踏むような危険を覚悟してカリスマリーダー⑤に履み随う時。
 ⑤の威厳を甘く見て調子に乗ると、虎の尾を履んで自滅する。
 リーダー(上司)が上下関係をきちんと区分すれば部下の心は安定する。
 カリスマ(強引な)トップや上司⑤に只(ひた)管(すら)従う時である。虎の尾を踏むような危険を覚悟して死に物狂いで付いて行くべし。
 トップや上司の威厳を甘く見て調子に乗ると、虎の尾を踏んで自滅する。
 油断してはならない。
 トップや上司が上下関係をきちんと区分すれば、部下の心は安定する。
 上司を尊敬し、礼儀を重んじる風土を醸成することが肝要である。
 リスクが高い時である。何事も気合いを入れて臨むことが大切である。
 〇艱難を冒して危険に対処する。人を尊敬し、礼儀を重んじ、調和と柔順を大切にし、
  節度を守り、戦々兢々と物事に応ずれば、万事に忍耐することができ、遂には希望を叶えられる。
○心身共に柔弱ゆえ、和悦して剛強なモノの後に付いて履み行けば、危ない事に臨んでも、リスクを避け、真っ直ぐに進んで行くことができる。
 だが、自分が人の先頭に立って進み行こうとすれば必ず失敗して、結局、人の後を付いて行くことになる。
○自分が行なう事が全て正しければ失敗しない。このことをよく知っておくべきである。
○油断すると、自分から災難を招く。慎むべきである。
○上下きちんと区分し、尊卑の道理を正しく定め、礼儀を厚くして人を信じることが求められる。
○乾は厳しく、兌は調和する。外側は厳しくて、内側は調和する。
○怠惰で心身共に弱い。職を続けることや就職することは難しい。
○内側は柔らかくジメジメして、外側は剛強でサバサバしている。
○物事を実践する時。規則を守り通す時。
○落とし物や捜し物は何かに覆われ隠れている。⑥の時に至れば出てくる(見つかる)。
○女の裸体の象(かたち)である。


① 天澤履初爻 |||・|| 之卦天水訟 |||・|・
 自分の立場を素直に受け容れて、上司の命令に随うので咎められない。
 本業に専念するべし。人を羨(うらや)ましがってはならない。
 小善を積み上げて心を正すべし。礼儀を重んじるべし。
〇本業に専念して、それに満足し、他人のことを羨ましがってはならない。
 小さな善行を積み上げて、善い人間になろうと望むべきである。
 メッキが剥がれるような善行を為し遂げようとしてはならない。礼儀作法を大切にして、心を正しく、善き行いを積み上げれば、立身出世する予兆がある。
○漸次に積み上げるべきである。急激に事を成し遂げようとしてはならない。
○微力で弱い。人から虐待されることがある。
○目上の人を畏れる(畏れなければならない)時である。