毎日連載! 易経を中心に日本の心に関する情報を毎日アップしています。

易経ワンコイン講座19 雷地豫(らいちよ)

16.雷地豫(らいちよ)

担ぐ神輿は軽い方が良いというのが雷地豫の時です。

担ぐ神輿はトップです。
トップを牛耳るのが側近です。
側近一人に力が集中しており、組織を思うとおりに動かすのが雷地豫の四爻です。

四爻にとっては笑いが止まらない時です。
組織は一見まとまっているように見えますが、内部に入るとドロドロな人間関係が渦巻いています。